心の言葉

祈り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

17歳

ラジオから流れる
古い曲に吊られて、思いを馳せる

同級生との逢瀬
バイトし遊び
満たされず
生きてることの嫌悪感
総て無駄、無意味に思えてた(無駄、無意味とか1つもない)
手首に刃を当て…弾く
赤く綺麗な血が滲んで噴き出す

致命傷に至らず、生還
それからは……
死は、憧れと逃げ馬に成って行った
30年以上たつが、時々痛みがある
そのたびに生きていてよかった
あの時に死なないでよかったと思う
自殺を逃げ馬にしたら、自分の都合悪いと、死、上手く行かないと、死、総てが、死、に繋がって行った

空を見上げることもなく、鳥たちのお喋りを聴くこともなく
風を感じることもない
暗い穴の中にいた

暗い穴から救い出してくれたのは光
蝋燭の小さな光
心の中に灯してくれた小さな灯り
今では何十本もの灯りが心に灯されてる
灯してくれた人達に感謝みんなの無事と平安を祈る
スポンサーサイト
  1. 2009/07/02(木) 10:31:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無免許のひき逃げ | ホーム | 七夕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ei42zoo.blog40.fc2.com/tb.php/54-d310dea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。